ゴルフ日記 | ゴルフ上達教材比較ランキング

アーカイブ : ゴルフ日記

ゴルフ 腰痛

ゴルフをプレーされる方は腰痛の方が非常に多いと聞きます。
実は私の親父もかなりひどい腰痛で困っていました。

結局手術したにも関わらず、一時的に痛みは治まったものの結局は痛みが再発してしまいました。
そこで何か良い物はないかと探したところ。

中川式腰痛治療法を見つけ、早速実践させました。
中川先生は元阪神タイガースのトレーナー、そして、ゴルフ協会のトレーナーをしていたと言うことでスポーツの専門だと分かったからです。

詳細はこちら ⇒ 中川式腰痛治療法

その後、この治療法を実践して2ヶ月ほどで痛みはかなり良くなったようです。
そろそろゴルフも再開できそうな勢いです。

本当に良かったです。
ちなみにもし、あなたが腰痛が心配なら早めに対処法を実践したほうが良いですよ。

ひどくなると本当に辛いですから。
ゴルフの腰痛専門のサイトもありますので良かったらこちらも参考にしてみてはいかがでしょう。

ゴルフ 腰痛

ドライバー 飛距離

「あと30ヤード飛んでくれたら。。。」

こんな事を考える事ありませんか?

30ヤード飛んでくれたら多分世界が変わります。

ドラコンで勝つってホント気持ちよいんですね♪

おすすめの教材があります。

これ

驚異のゴルフ上達法 飛ばしの要諦

日本一売れた教材です。

全額返金保証付きなので安心して試せます(・∀・)b

ゴルフ パター 打ち方

「理想的なパターの打ち方は目標に対してまっすぐにストロークする」

実はこれは間違い。

もし、これを練習しているとしたら。。。

多分パターはスランプに陥っていると思います。

なぜなら、私もそうだったから。

自分ではまっすぐにしているつもりなのになぜかカップに嫌われる。

またはまっすぐ行ったとしても距離が合わない。。。

こんな事が起こるとどうして良いか解らなくなりませんか?

私はそうでした。

でも、実はまっすぐにストロークしなくても良い。

これを聞いてからとってもパットが良くなりました。

パットで悩んでいる人はお試しください(・∀・)b

パッティングの真実

ゴルフ ドライバー 打ち方

ドライバーの打ち方はアイアンと変わらないと言う方がいます。
果たして本当にそうなのでしょうか?

また、どうして同じなのでしょう?
疑問に思いませんか?

そこで私なりに考えたことについて。
まず、打ち方が同じなのか?

これはやはり同じだと思います。
なぜなら、人間の体が効率よくエネルギーを出すうち方は色々あるとは思えないからです。

理想的な体の使い方ができれば、それはどんなショットにも当てはまると思います。
ただ、ドライバーとアイアンでは違うところも出てきます。

それはシャフトの長さ。
この違いは大きいと思います。

シャフトの長さが変われば当然打点も変わりますよね。
こうなるとイメージ的にはかなり違う感じになります。

ただ、基本的な体の使い方は変わらない。
変わるのは、体の動き以外の物。

また、そこから派生する物。

こんな感じでしょうか。

その為にドライバーになるとどうしても縦に振ると言うより、横に振るというイメージが出てきて打ち方も変わってしまう。
これが問題なのではないでしょうか。

つまり、シャフトの長さの違いから受けるイメージの違い。
これがドライバーを難しくしている原因のような気がします。

⇒ “安楽拓也の飛ばしのチェック項目” -あなたのドライバーはなぜ飛ばないのか?-

ゴルフ パット 極意

「ドライバー・イズ・ショー。パット・イズ・マネー。」

ご存知ですか?

ドライバーは見世物。
でもパターはお金儲けができる。

けっこう有名な格言ですよね。
ま、それぐらいパッティングはスコアに直結するって事です。

それだけにパッティングに悩み始めると厄介ですよね。
もうどうして良いか解らなくなります。

でもそれってパッティングのコツを掴んでいないからです。

例えば、自転車を考えてみてください。
何年乗らなくても、別に問題なくいつでも乗れる事ができます。

これがコツをつかむという事ですよね。

ではパッティングは?
基本的には同じ。

「いやいやパッティングと自転車は一緒じゃないよ」と言うかもしれません。
でもちょっと待ってください。

パッティングを真剣に練習した事がありますか?
ドライバーやアイアンショット以上に。

ほとんどの人がそんなに練習していないんです。
やるとしても自己流でちょっと練習するだけ。

それではパッティングの極意を使う事はやっぱり難しい。
と言っても才能や能力じゃありません。

まだまだ伸びしろだらけ。
早く専門家のノウハウを学べば問題は解決します。

それは自転車に乗れるようになったように。

そこでおすすめはこちら。
私が知る限り、本当の意味でパッティングに特化したテキストです。

パットの極意知りたい方はどうぞ。

詳細をみる⇒パッティングの真実

▲Page Top